こんにちは。弁護士の吉村です。

本日も労働問題に関するホットな最新判例について弁護士としてコメントをさせていただきます。
ストーカー
本日の労働問題の判例は,
女性社員が社内で上司に盗撮されたこと関し、会社に対する損害賠償請求が否定された例です。

ある土建会社(千葉支店)の女性社員が,更衣室で着替えている状況を,直属の上司(千葉支店長)にデジタルビデオカメラで盗撮された,という事案です。女性社員は,会社に対して,使用者責任等を追及して慰謝料200万円を請求しました。なお,千葉支店の正規社員はこの女性社員と支店長の男性のみでした。また,女性社員は昭和38年生まれで,盗撮された当時40代後半でした。支店長は昭和24年生まれで,盗撮した当時60代でした。そして,この判決は,キャリア(修習46期)からしておそらく40代半ば~後半の女性裁判官によりなされました。結論としては請求棄却(労働者敗訴)。その理由は?
 

 

ポイント(これだけ読めば十分!)
① たとえ業務時間中であっても,上司が行った盗撮行為は個人的な欲望に基づく行為であり,会社の業務と関係ない以上,会社は使用者責任を負わない
② 
上司が犯罪行為を行ったとしても,会社にはそれを予測できない以上,防止する義務はない
③ 
会社が当該男性社員をすぐに懲戒解雇せず,また,懲戒解雇後に女性社員の要望に応じて公表しなかったとしても,誠実さを欠いていたとは言えない。


 判 例 情 報 

Ⅹ社事件

東京地裁(平成25925日)判決

労働経済判例速報 2195-3

 

 事 案 の 概 要 

【当事者】

X(原告):女性従業員(昭和38年生)。H8 正社員採用

Y(被告):土木建築の請負等を業務とする株式会社であり、東京都に本店がある。

B:千葉支店長(昭和24年生)

【事案の概要】

H23.6.29 Bは、午前836分ころから46分ころまでの間、Y千葉支店のロッカーにおいて、Xの着替えをのぞき見る目的で同室内の紙袋にデジタルビデオカメラを入れ、Xの姿を撮影して録音し、盗撮及び盗聴をした。それに気付いたXはビデオカメラを持って警察署へ行った。Bは任意で捜査される。

H23.7.1 BYへ退職届を出すが,Yは懲戒解雇をするかもしれないので受領せず。

H23.7.7 YはBを懲戒解雇

 

 結   論 

請求棄却(労働者敗訴)

 

 判   旨 

「原告は、被告千葉支店のロッカー室において、直接の上司であった千葉支店長のBから、私服から事務服に着替える様子をビデオカメラで撮影される被害を受けたことが認められるが、Bの本件盗撮行為は、原告が着替えをする姿を見たいというBの欲望を満たす行為であって、事業上の必要性に基づくものではなく、その態様も、被告の業務用のビデオカメラを使用しているものの、原告に気づかれないよう隠匿したビデオカメラで隠し撮りをするというものであって、Bの職務上の権限や上司としての地位を利用したものともいえないから、土木建築業者である被告の事業の範囲ではなく、被用者であるBの職務の範囲内に属する行為でもなく、その外形を備える行為でもない。したがって、本件盗撮行為は「事業の執行につき」行われたと認めることはできない。」

「本件盗撮行為は、原告の出勤後、Bがロッカー室に入って紙袋に隠匿したビデオカメラを作動させ、原告に知られぬまま、原告がロッカー室で着替える姿を撮影するというものであり、軽犯罪法に違反する犯罪行為であって(書証略)、Bにおいて原告はもちろん他の被告社員にも知られぬよう行うものであり、被告においてかかる本件盗撮行為を予測し、防止することはできなかったと認められる。そうすると、被告が本件盗撮行為を予測して、その防止のため女子更衣室を設けたり、ビデオカメラの保管を厳重に行ったりする義務があるとはいえず、本件盗撮行為が発生したことについて被告に防止義務違反があるとは認められない。」

 感 想 

事案に対する結論としては妥当なものかと思います。
ただ,ロジックとして,この裁判例のように
盗撮は業務と関係ない,秘密裏に行われるので会社は知り得ない,ということを理由に使用者責任や安全配慮義務違反を否定していますが,そうなると会社内で秘密裏に行われる変態的行為について,会社は守ってくれないのか?とも思えますね。
あくまでもこのケースについての判断ということなのだと思います。


 弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。


###########################
経営者側の労働問題・労働審判・労働組合に強い弁護士
ご相談・ご依頼は吉村労働再生法律事務所まで
        

公式ホームページ  
労働審判なら弁護士に相談

フリーダイヤル    0120-3131-45
######################## ###